南アフリカでの画期的な発見は、マグマ溜まりの最近の再解釈に挑戦します – 考古学と古生物学のニュース

ウィッツ大学地球科学部の Rais Latypov 教授と彼の研究チームは、アフリカ大陸の古代南部地殻に厚さ 5 km の完全に溶融したチャンバーが存在することを示す現場証拠を発見しました。 これは、完全に溶融した長寿命の超大型マグマ溜まりが、少なくとも地質学的に深い時代に発生し、「偉大なマグマ貯留層」の古典的な見解が依然として関連していることを示唆しています。 マグマだまりが「大貯水池」として発生するという古典的な岩石学的見解は、地球物理学的調査からの決定的な証拠が不足しているため、近年疑問視されてきました。 さらに、熱モデリングは、地殻上部での大量のマグマの形成が物理的に問題であることを示しています。 これらの研究は、地球の地質史において、溶融したマグマ溜まりは一時的なものか存在しないものであると結論付けました。 「現代の地球物理学的研究では、大量の噴火溶融物がある現在のマグマ溜まりを決定的に特定することはできませんが、地球の地殻にそのようなマグマ溜まりが存在することを除外するには時期尚早です。 私たちの研究では、これらの大きな溶融チャンバーの 1 つが南アフリカの古代地球の地殻に存在したことを示す観測のグラウンド トゥルースを提示します」と Latypov 教授は言います。 Latypov と彼のチームの調査結果は、 科学レポート. ラティポフは、かつてブッシュフェルトの部屋に存在していた核融合柱の大きさは「本当に驚異的だった – 厚さ5km以上、380,000km以上だった」と主張している3 ボリュームで。 この量のマグマは、地球の歴史上で知られているどの超噴火よりも数桁多い。 これは、南アフリカのカルー玄武岩など、地球の大きな火成地域の一部の噴出量に匹敵するだけです。 主な証拠は、一時的な部屋の床が 4 km の高さの傾斜したステップを介して徐々に上昇したブッシュフェルト複合施設から得られます。 「このようなマグマ成層の発達は、常駐する核融合柱がチャンバー床の階段状の起伏よりも厚かったことを意味します。 この発見は、間違いなく、化石化したマグマのフィールド マッピングから導き出された常駐核融合柱の厚さに対する最も基本的な制約です。 部屋です」と、ウィッツ大学のソフィア・チスチャコワ博士は言います。 そのようなマグマだまりが地球の歴史を通じて発達してきたことは完全に考えられます。 地球の地殻の一部の地域にはそのようなマグマ溜まりがありませんが、これは自動的に「大きな貯留層」マグマ溜まりが他の地域にないことを意味するわけではありません。 「ブッシュベルト コンプレックスのような層状の貫入が地質学的な時間にわたってまれであることを考えると、地球物理学者が地殻内の大きな溶融マグマ溜まりの活動的な例をもはや検出できないことは驚くべきことではありません。」と Chistyakova は言います。 話の出典: 提供資料 ウィットウォータースランド大学. 注: コンテンツは、スタイルと長さのために編集される場合があります。 #南アフリカでの画期的な発見はマグマ溜まりの最近の再解釈に挑戦します #考古学と古生物学のニュース