ケニトラ / 業界: 矢崎が 4 番目のユニットを発足

新しいケニトラ サイトの選択は、主に、高度な資格を持つ労働力の利用可能性、複数レベルの輸送ネットワークとの完全な接続、および将来の大西洋港のために行われました。 さらに、教育機関が近くにあることも、この選択に大きく貢献しました。 同時に、矢崎ケニトラ ゾーン フランシュの設立は、マーケット リーダーの地位を維持するというグループの目標を達成するためのグローバル戦略の一環です。 したがって、この目的は、資格のある人材、最新の技術機器を備えたトレーニングセンター、および日本にある GTC「グローバルトレーニングセンター」によって認定されたチームの存在なしには達成できません。 この機会に、リヤド・メッゾール産業貿易大臣は次のように強調しました。 この最先端の施設は、熱自動車、ハイブリッド車、電気自動車に装備する部品の生産を目的としており、自動車部門の電動化と持続可能なモビリティへの移行を強化します。」 大臣はまた、「タンジェ、ケニトラ、メクネスにまたがる国で17,000人以上を雇用するモロッコで4番目の工場を開設できることを誇りに思います。 2000年代は引き続き実りが多く、モロッコが利用できる人的資本の質と同様に競争力も確認しています。」 矢崎 EMEA の最高執行責任者であるアンドレアス ディ ベセは、次のように述べています。国」。 式典には、ケニトラ州知事、駐モロッコ日本大使、矢崎EMEAの会長、COO、CFOが出席しました。 自動車産業における電気および電子製品の世界有数のメーカーおよびサプライヤーの 1 つである矢崎総業は、今日、モロッコで最大の雇用主の 1 つです。 現在、王国内のすべての拠点で 16,000 人以上が同社で働いています。 このプラントは、2000 年代からモロッコに存在しており、モハンマド 6 世国王陛下によって開設されたタンジール ポールがあります。 現在、タンジール市に 4 ユニット、ケニトラに 2 ユニット、メクネスに 1 ユニットあります。 #ケニトラ #業界 #矢崎が #番目のユニットを発足