特殊翻訳②:未来の韓国語翻訳者のための「パリからソウルへ」

対 韓国、2016 年のパリ ブック フェアの主賓 © Joël Saget / AFP ” 8,966 km は、カラスがパリとソウルの間を飛ぶ距離です。 ただし、6 月 27 日月曜日から 7 月 4 日月曜日までの 1 週間は、この距離は単純な詳細にすぎません。 “。 この約束の背後には、2012 年にナショナル ブック センターが Asfored と提携して設立した文学翻訳学校 (ETL) があります。韓国の韓国大学と梨花大学出身。 “に関しては シンプルなディテール » もちろん、文化的および地理的な距離をなくす文学翻訳の力についてです。 このセッションの結果は、主催者の期待に応えました。 “ 最初の反応は素晴らしい ETLの教育ディレクターであり、ドイツの哲学者の翻訳とジークムント・フロイトの偉大なテキストの翻訳が権威のある著名な翻訳者であるオリビエ・マノーニから熱烈に打ち明けられました. “ 私は、人工知能がいつか翻訳者に取って代わることができると主張する人々に同意しませんと彼は続けます。 作者のこの微妙なところは、人間にしかわかりません。 翻訳とは単語を翻訳することではなく、テキストを作成する一連のものを翻訳することです。 これが「パリからソウルへ」のメッセージでした。 無くなった気がする. » フロベールを翻訳 対 © Gregory Gebault / Hemis […]