Big in Jazz の第 19 版は、Trois-Ilets フラワー ショー パーク – Martinique la 1ère で続きます。

先週末 (2022 年 9 月 24 日と 25 日) にサンピエールで成功を収めた後、「ビッグ イン ジャズ フェスティバル」は、2022 年 10 月 1 日土曜日と 2022 年 10 月 2 日日曜日にトロワ イレのフローラリーズ パークに移動します。カリブ海の新星に捧げます。



「Big’ In Festival」の第 19 版は、2022 年 10 月の最初の週末に開催されます。ジャズを昇華させるカリブの才能を一般の人々が発見する機会です。

若い世代は驚くべきことであり、才能に年齢はないことを示しています。 今週土曜日1ええと 2022 年 10 月の芸術プラットフォームは魅力的です。

音の多様性

マルティニケーズ ソーホー エルシー フレリアグ ジャズ愛好家です。 彼女は、子供の頃のリズム (ビギン、マズルカ、ベレ) を基に、基準を再発明します。 すべての影響、ジャズ、ソウル、アーバン ミュージック、マルティニカの伝統が探求されています。

Soho は、Gitno Sison の指導の下、フランスで最初の一歩を踏み出しました。 彼の音楽学と芸術の文化的調停の訓練により、彼はより折衷的な見方を持つことができます。 彼女は、ピアノのマハー・ボーロイ、コントラバスのグアドループのウィリー・キコ、ドラムのカメルーン出身のピエール・オーギュスト・ボナを伴っています。

アイビー・ジャルタ ロレーヌ出身のこの 25 歳の女性は、情報通信科学の学位を取得しており、魔法の薬のように芸術の世界に入りました。 振付家の父とダンサーの母のもと、8歳より合唱を始める。 今日、その目的は、マルティニカの文化と遺産を称えることです。

ミュージシャン

左からトーマス・ブータン、セリア・ワ、ソーホー、デビッド・オバジャ。



©ダニエル・ベティス

セリア・ワ グアドループ出身の若い音楽家は、教師で音楽家のジョルジュ・トルペが指導するマルセル・ロリア学校で幼い頃からカを浴びてきました。

12歳でフルートに魅了される。 パリのアメリカン・スクール・オブ・モダン・ミュージックに入学。 音楽が彼女に追いつき、彼女はドラマーのソニー・トゥルペ、ラッパーのケイシー、歌手のデヴィッド・ウォルターズとのコラボレーションを増やしました。 Célia Wa は彼女のフルートの音符と彼女のアフロ アフロ カリビアン サウンドと共に登場します。

イクソラグループ ニコ・ジェルネ監督の伝統的なベーレをジャズ風にアレンジしたこの作品は、この初日で終了しました。 タンボウ ボカナルから徒歩圏内のグループのリーダーの周りで、キーボード、ギター、またはシューヴァル バワがジャズ、アフロ ビートに同意します。

日曜日、ジャズパーティーは続きました…

パーティーは、カリブ海の人気急上昇中のアーティストたちと盛り上がります。

マリカ・チロリアン彼は 2001 年以来養子縁組されたケベック人で、もともとはマリーガランテ島出身で、ka の音に美しいコンサートを提供するつもりです。

アブラハム兄弟

アブラハム兄弟。



©BIJF

じゃあ来てアブラハム兄弟に、 最年少のピアニストである Clélya、最年少の Cynthia、コントラバスの最年長の Zacherie は、スパイシーな香りと文化の甘い混合を明らかにするカリブ海の停泊地で、観客に忘れられない音の瞬間を提供します。

マルティニカの巨匠 マハー・ボーロイ SERMAC とマルティニーク音楽アカデミーで訓練を受け、音楽と音楽学の学位を取得した若いピアニストが日曜日を締めくくります。 ジェームズ・ジャーメイン 伝統的なブードゥー音楽は、マリとベナンの音を帯びています。

  マハー・ボーロイ

マルティニカのピアニスト、マハー・ボーロイ。



©BJF


#Big #Jazz #の第 #版はTroisIlets #フラワー #ショー #パーク #Martinique #1ère #で続きます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *