マラケシュ:ルノーは50本のろうそくを大きな感情で吹き飛ばします(ビデオ)

ルノー ブランドは、9 月 20 日にマラケシュで、70 年代とこの時代を示すポップ ユニバースを巡るイマージョン ツアーを企画しました。 このコンセプトは、70 年代と 80 年代のスターである R5 に光を当て、最も象徴的なモデルの写真展と、この象徴的なモデルの過去 50 年間の歴史を示す重要なイベントを通じて強調します。

カラフルで楽しいアートスポットJajjahで、モロッコのポップアートの先駆者である国際的アーティスト、Hassan Hajjajをイメージして展覧会が開催されました。 プレゼンテーションの時、部屋には多くの感情がありました (ビデオを参照)。

R5 の 50 周年を引き続き祝うため、ルノーは、ポップなスタイルで知られる 2 人の若いコンテンツ クリエーター、モシン ハリスとスタイル ベルディとのコラボレーションを開始します。 R5 を通じてブランドのエレクトロ ポップ スピリットを強調する彼らのビデオ プロダクションを発見するために、年末までに予約が行われます。

ポップの象徴

R5 は、モロッコを含む多くの国で 560 万部以上を販売しています。 すべては 1967 年に 122 プロジェクトから始まりました。このプロジェクトでは、オリジナルで手頃な価格の頑丈な車を同時に提供するという課題に取り組まなければなりませんでした。 これがルノー 5 の誕生であり、L と TL の 2 つのバージョンがあります。
そのプレゼンテーションから、それはそのデザインと仕上げのおかげで革命を示しました。 発売の年、R5 はヨーロッパでの売上高で 2 位にランクされました。

ルノーは継続的な更新の模索の中で、LS、TS、GTL、LE CAR、ALPINE、TURBO、CAMPUS、SUPERCINQ、SUPERCINQ Gt Turbo などで範囲を拡大することで革新を続けています。

モロッコでは、R5 は L から SUPERCINQ まで、何年にもわたって否定されることのない大成功を収めてきました。 1973 年から 1995 年にかけて、SOMACA 工場は地元市場向けに 12,000 台以上の R5 を生産しました。
R5 は、1976 年にカサブランカで王立モロッコ自動車スポーツ連盟が主催したナショナル フォーミュラ「クーペ ルノー 5、アフリキア エルフ、グッドイヤー」でモーター レースのスターでもありました。ナショナル フォーミュラは、モロッコ全土で 7 つのイベントで開催されました。

最後に、世界中のルノー ブランドが、モンテカルロ ヒストリックとサロン レトロモービルへの参加、イラストレーター グレッグとの芸術的コラボレーションなど、2022 年を通じて一連の祝賀会を組織したことを思い出してください。ルノー 5 だけでなく、フランス人デザイナーのピエール ゴナロンと一緒に R5 ディアマントを作成しました。これは、フランツ工場での R5 の最も象徴的なモデルの一時的な展示会です。


#マラケシュルノーは50本のろうそくを大きな感情で吹き飛ばしますビデオ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *