アウトソーシング: Majorel Africa と Kolibri は、2027 年までに 3,000 人の新しい雇用を創出することを約束します – Media24

これらの覚書は、デジタル移行および行政改革担当大臣ギタ・メズール、産業通商大臣リヤド・メズール、マジョレル・アフリカ副専務理事ジャン・リュック・ベルゲル、コリブリ社長ジャン・ルシエによって署名されました。 .

彼らは創造することを目指しています 2027 年までに 3,000 の新しい直接雇用と安定雇用、以上の総投資で 3億7500万ディルハム.

この機会に話したギタ・メッツォールは、この署名がこの分野のダイナミズムを証明しており、モロッコを 大陸の上位 3 つのアウトソーシング先.

同省の望みは、今日私たちを支援している投資家のコミットメントによって強化された、強固で機敏な官民パートナーシップを通じて、このダイナミズムをサポートし、発展させることであると彼女は述べた。

産業通商大臣は、世界的に認められた指導者と締結されたこれらの協定は、サービス部門、管理、技術の若者に機会を提供することにより、雇用創出を促進するという国家的優先事項に対応していることを確認しました。

大臣によると、これらの投資プロジェクトは、モロッコのスキルのトレーニングに優れた専門知識をもたらし、新しい活動の発展に貢献するだろう、と彼は強調した。

マジョレル グループの子会社で、カスタマー エクスペリエンスとビジネス プロセスのアウトソーシングを専門とするマジョレル アフリカは、モロッコでの積極的な開発を継続する意向であると、マネジング ディレクターは報道機関への声明で保証し、カサブランカとマラケシュに存在する彼の会社は、その活動をモロッコの他の地域に拡大する。

Lussier 氏は、最近カサブランカに設立された彼の会社のモロッコ子会社 (Kolibri Technologies) が、ヨーロッパ市場と顧客への近さを確保することに加えて、カナダでの親会社のプロジェクトに必要なサポートを提供することを目指していることを示しました。モロッコ。

情報技術、電気通信、デジタル開発、インフラストラクチャの分野で活躍する Kolibri は、20 年の経験と 10 か国の 750 を超えるアクティブな顧客を持っています。

#アウトソーシング #Majorel #Africa #と #Kolibri #は2027 #年までに #人の新しい雇用を創出することを約束します #Media24

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *