占領開始から3年後、シネマ・ラ・クレフはどこに? – レ・インロックス

週の初めから土曜日の夕方まで、ラ・クレフ映画館を占有していた協会は、首都のいくつかの場所で上映会を開催しました. プロジェクトの将来を検討する機会。

9 月 21 日から今日まで、一握りの若い映画ファンが La Clef シネマに足を踏み入れ、献身的で要求の厳しいプログラムのセッションの割合で 2.5 分間占有してから 3 年が経ちました。

記録的な出席者数 (70% 以上、ほとんどが若い聴衆)、一部の専門家 (特にセリーヌ シアマ、レオス カラックス、アニエス ジャウイ、オリヴィエ アサヤス) からの支援、そして何よりも、ボランティア メンバー (100 人以上) の投資によって活性化されました。現在まで)、協会はこれまで追放を生き延び、友好的な場所やフェスティバルで活動を続けてきただけでなく、償還を計画していたSOSグループを押し戻しました.

協会活動の持続性に向けて?

所有者が要求した420万ユーロが再結集されれば、映画館を元に戻すことにより、協会の活動(スタジオ34での開発と作成のサポートの両方)を永続させる可能性が今では可能です. 最初は非現実的だったこのユートピアは、ますます具体的なものになります。 このように、協会は先週の水曜日、マスコミに資金計画を発表しました。この計画は、スポンサーシップに依存し、銀行ローンと公的援助を得るものです。 この種のケースでよくあるように、この資金調達がドミノ効果によって下落した場合、寄付キャンペーンによってすでに確保されているのは、150,000 ユーロの寄付であり、100 万ユーロの融資が可能になります。

買収計画を追求し実行するために、協会はすぐに最初の主要な後援者であるパスカル・ブルトンとの夕食会を開催し、資金を調達します。ラ クレフ シネマの買収。 今回は恒久的であると同時に合法的な枠組みでそこに移転するという見通しは、具体的なユートピアになりつつあり、依然として協会の強力な原則に基づいています。広く上映されていない映画を無料でまとめて水平にプログラムし、連帯価格で創造的なスペースを提供し、すべての人に開かれた無料のワークショップを提供します。

#占領開始から3年後シネマラクレフはどこに #レインロックス

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *