空港: 2022 年 8 月末時点で 1,200 万人以上の乗客を歓迎

空港: 2022 年 8 月末時点で 1,200 万人以上の乗客を歓迎

回収率74%

モロッコの空港は、2022 年 8 月末に 12,294,484 人の乗客を登録した、と ONDA はプレスリリースで述べました。 また、同じ期間に記録された 108,640 の空港移動も示しています。 同じように、モロッコの空港は 2019 年の同時期と比較して回復率の上昇を示し続けており、乗客の 74% と空港の移動の 78% を受け入れていると事務局は強調しています。 2022 年 8 月だけでも、王国の空港は大量の商用トラフィックを経験し、2,473,495 人の乗客と 18,918 人の空港の移動に達しました。つまり、2019 年の同時期と比較して 94% と 91% の連続した回復率です。

より詳細には、カサブランカ ムハンマド 5 世空港は、8 月末に 42,288 便で 4,659,571 人の乗客を迎えました。つまり、2019 年の同時期と比較して、それぞれ約 67% と 69% の回復率です。この空港は、8 月だけで 957,146 人の乗客の航空交通量を記録しました。 7,522 便、つまり 2019 年 8 月に記録された旅客航空交通量の 82% とフライトの 79% を介して。ONDA によると、ほとんどの空港は 2022 年 8 月の間に旅客航空交通量に達したか、それを超えました。 2019 年の同時期に記録された。この上昇傾向は、夏季の開始時から見られた、と ONDA は推定し、6 月 5 日から 8 月末までの期間中に、いくつかの空港が 2019 年の活動レベルを上回り、回復したことを特定しています。率は 100% を超えました (アガディール: 111%、タンジール: 127%、フェズ: 115%、ナドール: 142%、ウジダ: 129%、テトゥアン: 359%、エッサウィラ: 139%)。

北部(タンジェとテトゥアン)および東洋(ウジュダとナドル)地域の空港の回復も 8 月末に強化され、2019 年の同時期と比較して 100% 以上の回復率を記録しました (テトゥアン: 364%、ウジダ: 115%、ナドール: 108%、タンジール: 100%)。 国内線旅客数は、8月末時点で回復率67%、登録旅客数は1,334,903人。 この率は、2019 年の同時期と比較して 2022 年の 8 か月目に 76% に達し、この月に 224,973 人の乗客が歓迎されました。 8 月末の国際航空交通量は 10,959,581 人の乗客を記録しました。つまり、2019 年の同時期と比較して 74% の回復率です。 2019 年の同時期と比較して 97% の率。

「国際航空交通量の 83% 以上を占めるヨーロッパは、8 月に記録され、2019 年 8 月と比較して約 105% の回復率を記録しました」と、同じ情報源は説明しています。 2019 年の同期間に記録された 20,678 回の移動と比較して、8 月には 18,918 回の空港移動があり、91% の回復率を表しています。 航空貨物は 8 月末時点で 46,760 トンで、回収率は 74% でした。 8月中、航空貨物は2019年の同時期と比較して80%の回復率を記録し、5,105トンの量を蓄積しました。


#空港 #年 #月末時点で #万人以上の乗客を歓迎

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *