再生可能エネルギーのおかげで、世界中で 70 万人の雇用が増加

「Covid-19の持続的な影響とエネルギー危機の高まり」にもかかわらず、世界中のさまざまな形態の再生可能エネルギーの開発により、昨年は700,000の雇用が創出されたと、国際機関(IRENA)は木曜日に発表しました。

合計すると、世界の再生可能エネルギー部門 (太陽光、風力、水力発電、バイオ燃料、バイオガス、地熱) の雇用数は、10 年前 (2012 年) の 728 万人、2020 年の 1,200 万人に比べて、2021 年には 1,270 万人に達し、3 分の 2 になりました。アジアにいること。 合計すると、中国だけでこの部門の雇用の 42% を占め、欧州連合とブラジルはそれぞれ 10% を占め、米国とインドは 7% を占めていると、そのレポートで Irena が示しています。

主な成長分野は太陽光発電で、世界中で約 430 万人が雇用されています。 この合計のうち、中国が新規太陽光発電プロジェクトの 40% を占め、米国、インド、ブラジル、ドイツがそれに続きます。

ほとんどすべて (96%) の半導体メーカー (ウェーハまたは英語でウェーハ) は中国に拠点を置き続けており、政府の多大な支援の恩恵を受けていると Irena は述べています。 バイオ燃料部門は世界中で 240 万人を雇用しており、その多くは農工業団地で働いており、水力発電部門では 235 万人が働いています。

中国は引き続き最大の雇用主

風力エネルギーは、製造と風力発電所の運営の両方で、合計 137 万人を雇用しています。 国際労働機関(ILO)と共同で作成された報告書によると、昨年、世界の発電容量は 93 GW 増加しました。 この部門では、中国が全体の 48%、アジア全体で 57% を占め、ヨーロッパ (25%)、米国 (16%) が続きます。 アフリカとオセアニアは雇用の 2% を占めています。

国別では、ヨーロッパの 3 カ国が上位 10 位にランクインし、ドイツが中国に次ぐ 2 位、デンマーク (7 位)、英国 (8 位) となっています。 ヨーロッパは、陸上や海底ケーブルよりも複雑な設置を必要とする海上での風力発電所の設置のリーダーです。 固体バイオマスの開発には 716,000 人が雇用され、バイオガスは 307,000、地熱エネルギーは 196,000 です。

Irena は、エネルギー効率、自動車の電気、または水素への投資として、再生可能エネルギー部門の従業員が 2030 年までに合計 3,820 万人に増加し続けると予想しています。

#再生可能エネルギーのおかげで世界中で #万人の雇用が増加

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *