財務省: 8 月末の総資金調達額は 793 億ディルハムに減少

Financial Studies and Forecasts Department (DEPF) によると、2022 年 8 月末の時点で、オークション市場レベルでの総国庫税は、前年比で 14.4% 減少し、793 億ディルハム (MMDH) になりました。

この減少は、中期 (-32.9% から 376 億ディルハム) および長期 (-43.6% から 122 億ディルハム) の購読量に関係しており、前年の資金調達の 60.6% および 23.3% から、それぞれ 47.5% および 15.3% をチャネリングしていると、 2022 年 9 月の経済ノートの DEPF。

一方、短期満期の調達額は 96.8% 増加して 295 億ディルハムに達し、前年の 16.2% から 37.2% に達しました。 2022 年 8 月末には国庫返済額が前年比 16% 増加して 665 億ディルハムに達したことを考えると、正味国庫回収額は 63.8% 減少して 128 億ディルハムになりました。 こうした動きを踏まえ、2022 年 8 月末時点の国債入札発行残高は 6,594 億ディルハムで、2022 年 7 月末比で 0.3% の微減となったものの、引き続き増加傾向にある。 2021 年 12 月末と比較して、この残高の構造は依然として長期の満期に支配されていますが、そのシェアは 2021 年 12 月末の 57.6% から 1.2 ポイント減少して 56.4% となり、平均的な満期よりも前になっています。 0.4ポイント減の38.1%。 一方、短期債の割合は引き続き低く、1.4 ポイント上昇して 5.4% となった。

2022 年 8 月の財務省の総課税額は、前月と比較して 33.3% 増加し、69 億ディルハムに達しました。 これらの演習は、それぞれ 83.7% と 16.3% までの短期および中期の満期に関連していましたが、前月の財務省の演習は短期の満期のみに関係していました。

彼らの側では、2022 年 8 月の財務省の償還は、先月と比較して 15.3% 増加し、90 億ディルハムに達しました。 その結果、財務省の純資金調達額は、2022 年 7 月のマイナス 26 億ディルハムに続き、2 か月連続でマイナス 21 億ディルハムとなりました。2022 年 8 月のオークション市場での入札額に関しては、前月から 15.7% 増加し、123 億ディルハムに達しました。 需要は主に、2022 年 7 月の 71.4% に続いて 64.8% の短期の満期に向けられており、中期の満期 (7 月の 23.9% の後に 18.6%) と長期の満期 (7 月の 4.7% の後に 16.6%) に先んじています。

2022 年の最初の 8 か月の終わりには、提出量は前年比で 19.6% 減少し、1,680 億ディルハムになりました。 この撤回は、ミディアム (-33.6% から 751 億ディルハム) およびロング (-19.7% から 278 億ディルハム) の満期に向けて入札されたボリュームに関するもので、前年の 54.1% と 16.5% の後、それぞれボリューム提出の 44.7% と 16.5% を占めています。 一方、短期満期の入札額は 6.1% 上昇して 652 億ディルハムとなり、入札額の 38.8% を占め、前年の 29.4% に達した。

2022 年 8 月の国債発行の主要な加重平均レートの推移に関しては、最後の発行のレートと比較して、これらは上昇傾向を続け、17 ~ 31 ベーシス ポイントの上昇を記録しました。

#財務省 #月末の総資金調達額は #億ディルハムに減少

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *