INRA と APNI が持続可能な農業に関するワークショップを開催 – AgriMaroc.ma

INRA と APNI は、持続可能な農業マトリックスに関する交換ワークショップを開催しています。

アフリカ植物栄養研究所 (APNI) と国立農業研究所 (INRA) は、持続可能な農業マトリックス「MAD」を紹介し、モロッコのオリーブの木の事例に適応させるためのワークショップを開催しています。

ベルモント フォーラムが資金を提供し、メリーランド大学 (米国) の環境科学センター、アフリカ植物栄養研究所 (APNI)、国立農業研究所 (INRA) が議長を務める MAD (持続可能な農業マトリックス) コンソーシアムの一部としてオリーブの木に適用される持続可能な農業のマトリックス(MAD)に関するワークショップを開催しました。

持続可能な農業マトリックス (持続可能な農業マトリックス: SAM) は、農業の持続可能性を測定し、持続可能な開発目標 (SDG) の責任ある透明な監視に貢献するために、米国メリーランド大学の環境科学センターによって最近開発されたフレームワークです。 SAM フレームワークには、持続可能性の 3 つの柱である経済、環境、社会に基づく 18 の測定可能な指標があります。 このマトリックスは、農業に関与する利害関係者間の会話を開始し、望ましくない結果を回避しながら持続可能性に向けた前向きな変化を生み出すためのプラットフォームとして機能することを目的としています。

社会経済的および環境的な文脈で SAM アプローチを評価および開発するために、世界の 6 つの地域からの学際的なチームのグループが集まり、SAM コンソーシアムを形成しました。 APNI はこのコンソーシアムの一部であり、ケニア、ガーナ、モロッコでの SAM アプローチの評価をサポートしています。

APNI は、マラケシュ地域農業センターと協力して、主要な利害関係者と協力して、モロッコの状況におけるオリーブベースの食品システムに関連する主要な持続可能性指標を特定し、現在の枠組みに欠けているものを提案するよう努めています。

このワークショップには、モロッコの公共部門および民間部門の関係者の代表者数名が参加しました。これには、リン酸化事務所 (OCP)、農業評議会全国事務所 (ONCA)、ワルザザート開発アグリコル地域事務所 (ORMVAO)、州政府が含まれます。農業総局 (DPA)、マラケシュのパルメライエ天文台 (O.PM)、農業会議所、食品の衛生安全のための国家事務所 (ONSSA)、輸出の管理と調整のための自治機関 (モロッコ フーデックス) )、SONACOS、Lesieur Cristal、およびそれらを代表する大学、農家、NGO、および協会。

利害関係者の関与はハイブリッドな方法で行われ、まず、さまざまな農業の持続可能性の問題における現在の経験と、機関や組織が問題にどのように取り組んでいるかについての情報を収集するために送信されたアンケートを通じて行われます. 「持続可能な農業. この調査に続いて、次の点を取り上げた 1 日の対面ワークショップが行われました。

  1. SAM 指標、パフォーマンス、および過去の傾向の説明
  2. トレードオフと相乗効果
  3. 次のステップ

このワークショップは、ガーナ(カカオの場合)とケニア(トウモロコシの場合)で開催されたワークショップに続くものです。


#INRA #と #APNI #が持続可能な農業に関するワークショップを開催 #AgriMarocma

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *