持続可能な開発: 再生可能エネルギーに関連する仕事の数は、世界中で 1,270 万にのぼります

L編集レポートは、米国ピッツバーグで開催されたグローバル クリーン エネルギー アクション フォーラムの機会に、国際労働機関 (ILO) と協力して国際再生可能エネルギー機関 (IRENA) によって発行されました。

気候変動、Covid-19 パンデミックからの回復、サプライ チェーンの混乱に対する懸念の高まりに直面して、各国はこれらのサプライ チェーンを分散化し、全国的に雇用を創出することにますます関心を示しています。 この報告書は、クリーン エネルギーの工業化の勢いを定着させるために、強力な国内市場に依存することがいかに重要であるかを説明しています。 再生可能技術の輸出能力の開発もそれに依存していると彼は付け加えます。

「多くの課題があるにもかかわらず、再生可能エネルギーの雇用は依然として回復力があり、信頼できる雇用創出の原動力であることが証明されています。 私は世界中の政府に対し、自国の再生可能エネルギー分野で適切な雇用を生み出すことを奨励する産業政策を追求するよう助言します。 国内のバリュー チェーンを強化することは、地域の人々やコミュニティにビジネス チャンスや新しい雇用を生み出すだけではありません。 また、サプライ チェーンの信頼性を強化し、全体的なエネルギー セキュリティの向上に貢献します」と、IRENA 事務局長の Francesco La Camera 氏は述べています。

ますます多くの国が再生可能エネルギーで雇用を創出しており、それらの雇用のほぼ 3 分の 2 がアジアにあります。 中国だけで世界全体の 42% を占め、EU とブラジル (それぞれ 10%)、米国とインド (それぞれ 7%) が続きます。

ILOのガイ・ライダー事務局長は、「数字を超えて、ディーセントで生産的な雇用を確保する目的で、再生可能エネルギーにおける仕事の質と労働条件にますます注意が払われている. 女性の雇用率が高まっていることは、献身的な政策と訓練が、再生可能エネルギーの専門職への女性の参加と包摂を大幅に改善し、最終的にすべての人にとって公正な移行を達成できることを示唆しています。 私は、政府、労働者団体、雇用主に対し、将来の仕事に不可欠な持続可能なエネルギー転換にしっかりとコミットし続けることを奨励します。」

この報告書は、地域および国レベルでの多くの主要な進展を強調しています。 このように、東南アジアの国々は太陽光発電製造の主要な中心地となり、バイオ燃料の主要な生産国になりつつあります。 中国は、太陽光発電パネルの主要な製造業者および設置業者であり、洋上風力発電でますます多くの雇用を生み出しています。 インドは 10 ギガワット以上の太陽光発電エネルギーを追加し、多くの設置作業を生み出しましたが、同国は依然として輸入パネルに大きく依存しています。

現在、世界の風力発電の約 40% を占め、風力発電設備の最大の輸出国であるヨーロッパは、太陽光発電パネル製造業の再建を試みています。 アフリカの役割はまだ限られていますが、報告書は、特に他の経済活動の中でも特に地元の貿易や農業を支援するために、分散型再生可能エネルギーで雇用機会が増えていることを強調しています。

アメリカ大陸では、メキシコが風力タービン ブレードの主要サプライヤーです。 バイオ燃料の分野で最大の雇用主であるブラジルは、風力発電や太陽光発電設備でも多くの雇用を生み出しています。 アメリカ合衆国は、その初期のオフショア風力部門のために、全国的な産業インフラを構築し始めています。

公正な移行の一環として、報告書は、高給で多様化されたまともで質の高い仕事を保証するために、労働者の訓練を含む包括的な政策手段によって再生可能エネルギーの拡大を支援しなければならないと主張しています。


#持続可能な開発 #再生可能エネルギーに関連する仕事の数は世界中で #万にのぼります

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *