ブラッド・ピットは、ワインの生産に由来する天然の有効成分を使用した一連の化粧品であるル・ドメーヌを発売します

2011年にプロヴァンスのシャトー・ド・ミラバルをペリン家と共に買収したことで、アメリカ人俳優のブラッド・ピットがワインを好むことはすでに知っていましたが、化粧品からワインまでは1つのステップしかありません。 はい – これは Caudalie 化粧品のファンを逃さないためです – ブドウの木とブドウには、皮膚の抗酸化特性が含まれています. ブラッド・ピットもこの宇宙からインスピレーションを受けてボトルを選んでいます。 これらはリサイクル可能なガラスでできており、シャトー・ド・ボーカステルの樽の端材から作られたオーク製の再利用可能なコルクが付いています。 「自然の有機的なサイクル、本来の美しさを模倣することです。、彼は説明します。 […] 捨てられた各アイテムは別の食べ物になります。 VSル・ドメーヌにインスピレーションを与えるのは、この模範的な循環性です».

また読む:ミシェル・レイビエとトニー・パーカーのタンデムがラ・マスカロンヌのエステートをリニューアル

科学的研究の結果

しかし、それだけではありません。 美容液、クリーム、液体クリーム、クレンジングおよびアンチエイジング エマルジョンを含む Le Domaine シリーズは、すべて 96 ~ 99% が天然由来で、数年にわたる科学的研究に基づいています。 この製品は、GSM10 と ProGR3 という 2 つの独自の特許取得済み有効成分の組み合わせの恩恵を受けています。 それらは、ボルドー大学のブドウとワイン科学研究所のピエール・ルイ・テセドル教授と、マルセイユの医学遺伝学科のニコラス・レヴィと共同で開発されました。

最初の – GSM10 – は「ペラン家のグルナッシュ、シラー、ムールヴェードルのブドウ品種からのブドウの搾りかすに基づく強力な抗酸化活性成分」と Teissedre 教授は説明します。 彼は 15 年近くペラン家と協力して、シャトー ド ボーカステルの 13 のブドウ品種の特性を明らかにし、それらの最も強力な抗酸化作用を特定してきました。 特許を取得した 2 番目の有効成分である ProGR3 は、30 年以上にわたって希少疾患に苦しむ患者と協力してきたレヴィ教授によって開発されました。 彼は特に、子供を急速に老化させる遺伝病である早老症に取り組んできました。 彼の研究は、この有効成分の作成に影響を与えた可能性があります。 「早老症の治療で得た知識を基に、彼は言う、 植物抽出物に含まれる、プロゲリンの毒性を軽減する天然分子を特定しました». いくつかの自然の要素を組み合わせたレシピ: 「このようにして、私たちは 3 つの分子の組み合わせを開発しました。1 つはブドウの新芽から抽出されたレスベラトロールに基づいており、もう 1 つはカモミール抽出物に由来するアピゲニンに基づいており、最後は緑茶から抽出されたカテキンに基づいています。“、 彼が追加した。

この化粧品は、フランスでは来年 10 月から、le-domaine.com の Web サイトで販売され、価格は 70 ユーロから 350 ユーロの間で変動します。 それは、老化とブラッド・ピットの代償です。

編集者は次のことを推奨しています。
ユーリ・シェフラー:ブラッド・ピットのミラバルでの新しいパートナーは誰ですか
» シャンパンと花: ピット一家がフルール ド ミラバルを復活させる方法
星のロゼ・ド・プロヴァンス:アンジェリーナ・ジョリーがミラバルの株をテヌート・デル・モンドに売却

#ブラッドピットはワインの生産に由来する天然の有効成分を使用した一連の化粧品であるルドメーヌを発売します

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *