Canal+ の「ジョイフル エピック」: ジョイフル カフェの物語、社会的連帯イニシアチブ

エリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュがCanal+でプロデュースした「ジョイフル・エピック」。

CANAL+ – 9 月 22 日木曜日午後 11 時 – ドキュメンタリー シリーズ

私たちは、レジャー社会の出現を象徴するクラブメッドの従業員である「優しい主催者」(GO)を知っていました。 私たちは、特にレンヌ、パリ、ボルドー、リヨン、リスボンでオープンしている 9 つの Happy Café を運営する、精神障害または認知障害のある 90 人の従業員である「幸せなチーム メンバー」にも同様の悪名が上がることを願っています。

彼らの物語、 楽しい叙事詩、「レ・ゼクレール」コレクションで今夜から放送されます。 小さな一口で味わえる爽快な喜びは、変化する私たちの社会を象徴するものであることが4つのエピソードを通して明らかになります.

ここで、収益性は汚い言葉ではありません。 ジョイフル カフェの創設者である Yann Bucaille-Lanrezac は、自閉症またはダウン症の従業員の雇用を促進するためにそれを主張しています (最初のエピソード)。 しかし、それは別の収益性に関するものです。目的は配当を支払うことではなく、含めることです。

多数のシークエンスの前に、日付と場所の表示があり、これにより、ある程度の年代順の柔軟性が得られます。 したがって、最初のジョイフル カフェが 2017 年にレンヌにオープンした場合、このシリーズは、2018 年 3 月 21 日にパリのオペラ座の近くにあるジョイフル カフェの開店の画像から始まります。マクロン夫妻、主演シェフのティエリー・マルクス、俳優のサミュエル・ル・ビアン、自閉症の少女の父親。 2020年2月に先行した就職面接に大部分を費やす前に.

「CDIは素晴らしい」

笑顔の中で – いつも – そのようなイニシアチブの明白な必要性が現れます. 若者向けの専門的な構造が存在する場合、障害のある大人は 23 年経っても解決策がないことに気付くことが多いからです。 これはオーガスティンの場合で、自宅での生活に非常に耐えられず、永久契約で雇われる予定です。 「CDIは素晴らしい」、障害者担当国務長官 (2017 年から 2022 年まで) であり、繰り返し講演を行っている Sophie Cluzel 氏は次のように述べています。

時間との関係も異なります。 一部のシーンでは、景色を観察したり、雰囲気に浸ったりする時間が与えられます。 「家より職場の方が幸せ」と、野菜の皮をむきながら説明するルイ・デクレルク、幸せな乗組員。 視聴者は、特に成功した写真撮影から始まるエピソード 2 でそれらすべてを見つけることができます。

「いつでも笑顔! »、Yann Bucaille-Lanrezac を起動します。 監禁のために閉鎖しなければならない場合でも。 この非常に困難な時期に、カメラは幸せなチーム メンバーを見捨てません。 創業者がエピソード 3 で、社会的連帯の起業家になるという彼の選択を説明するために使用した強制的な休憩。 その後、彼のコミュニケーションの感覚と人間関係をよりよく理解できます。 エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ、ニコラス・デュヴァル・アダソフスキーのトリオ(アンタッチャブル2011)

また読む: Canal +の「We Are People」:スポーツが障害を克服するとき

困難は避けられません。 金銭的なものもありますが、厳しいですが理解できます。 ボルドーでのカフェ・ジョワイユのオープンに対するコンドミニアムの反対など、そうでないものもあります。 しかし、チームは持ちこたえています。

エピソード 4 は、ニューヨークのリスボンで未来を映し出します… フランスでは、75 万人の精神障害者のうち、普通の環境で働いているのは 0.5% だけで、そのうち 90 人はカフェで働いています。 希望をもたらす一滴の水。

楽しい叙事詩、Paul Frère(Fr.、2022年、4 x 40分)。 “スカウト” カナル+。

#Canal #のジョイフル #エピック #ジョイフル #カフェの物語社会的連帯イニシアチブ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *