[Parole d’expert] Urbasolar、INRAE、Mycophyto: 農業の革新に取り組んでいます!

生態系を破壊する環境変化、資源の不足、環境を尊重し地域に密着した質の高い農業を目指す消費者からの新たな要求を統合する必要性に直面している農業部門は、異なる方法で栽培するための新しい解決策を見つけなければなりません。

温室栽培は、気候の危険から作物を保護し、環境をより尊重する方法に従って作業することを可能にすることで、これらの懸念の多くにすでに対応しています. 温室にソーラー パネルを統合することで、カーボンフリー エネルギーを生成し、環境に配慮した側面を追加します。

研究開発プログラムの目的

このプログラムの目的は、技術的および農業学的観点から太陽光発電温室システムをよりよく理解することに貢献し、それが表す複雑さをよりよく理解し、農業生産ツールの継続的な改善を可能にすることです。利回りの。

「私たちは、価値観を共有する INRAE および Mycophyto と提携して実施されたこのプログラムに満足しています。特に、効率的で環境に優しい農業のために長期にわたって農家を支援することで、農家を私たちの注意の中心に据えています。環境。 » Urbasolar の社長である Arnaud Mine は宣言します。

研究開発プログラムは、膨大な数の情報 (農業、気候) の収集による作物とその進化の監視に基づいて、農民の日常生活と質の高い農業を生産するための努力をサポートし、消費者の新しい要求を満たすだけでなく、規制も行います。

「農家への革新とコミットメントは、Mycophyto のコアバリューです。 そのため、この強力なアグロエコロジー プロジェクトを通じて INRAE および Urbasolar と協力し、太陽光発電温室での農業研究を推進できることを誇りに思います。 » Justine Lipuma CEO & MYCOPHYTO 共同設立者

提携農家

このプログラムの開始にあたり、4 つのパートナー ファーマーが、温室と作物を Urbasolar とそのパートナーが利用できるようにすることに同意しました。これは、すべての研究と測定キャンペーンを実行して、太陽光発電温室システムを実際のサイズで、生産中の状態で把握するためです。農家。 調査対象の作物には、イチゴ、トマト、子羊のレタス、ズッキーニ、ナスが含まれます。

各農家は、農業生産を最適化し、ツールを改善し続けるために、特定の技術的監視、訪問、および定期的な交換により、長期にわたってサポートされます。

いちご栽培 – ベール・レタン太陽熱温室

©アーバソーラー

子羊のレタス栽培 – シャトールナール太陽温室

©M.コリン/アーバソーラー

もっと詳しく知る

www.urbasolar.com

www.inrae.fr

HomeNEW1

#Parole #dexpert #UrbasolarINRAEMycophyto #農業の革新に取り組んでいます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *