修理後、NASA の月へのロケットの地上試験に成功

修理後、NASA の月へのロケットの地上試験に成功

数週間前に 2 回の打ち上げ失敗の後に実施された修理の成功を検証することを目的とした、NASA の月用の新しいメガロケットの地上試験が、水曜日にフロリダで成功裏に実施されたと、米国宇宙機関が発表しました。

「私たちが設定したすべての目標が達成されました」と、アメリカ人を月に戻すプログラムの最初の計画であるアルテミス1ミッションの打ち上げ責任者であるチャーリー・ブラックウェル・トンプソンは言いました.

9 月の初め、これまでに製造された中で最も強力な SLS ロケットの打ち上げは、タンクに極低温燃料 (酸素と液体水素) を充填する際に漏れが観察されたため、土壇場でキャンセルしなければなりませんでした。

水素は非常に可燃性が高いため、これらの漏れは何としてでも回避する必要があります。

NASA はその後修理を行い、ロケットと燃料を供給する大きなパイプとの接続部のジョイントを交換しました。 このシールは、原因不明の破片によって明らかに損傷を受けていました。

水曜日のテストには、燃料タンクの補充が含まれていました。

運用中に再びわずかな水素漏れが観察されましたが、NASA チームによってチェックすることができました。

先週、代理店は、1週間以内に次の離陸の試みのために9月27日火曜日を目標としていると述べました. フォールバック日である 10 月 2 日も発表されました。

「チームは、次の打ち上げの機会に向けてすべての準備が整っていることを確認する前に、天候やその他の要因とともにテスト データを評価します」と NASA はブログ投稿で述べています。

この質問について尋ねられたチャーリー・ブラックウェル=トンプソンは、前に出たくはなかったが、それでも水曜日のテストの経過に「非常に勇気づけられた」と述べた.

9 月 27 日の日付に間に合うように、NASA はまた、離陸後に軌道を逸脱した場合にそれを爆発させるように設計された、ロケットの緊急自己破壊システムのバッテリー寿命に関して、米国宇宙軍から免除を取得する必要があります。

この期間は通常 25 日間に制限されていましたが、ロケットははるかに長く発射台に置かれていました。

さらに、フロリダ沖のハリケーン フィオナの進路が注意深く監視されています。

#修理後NASA #の月へのロケットの地上試験に成功

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *