PSG: 移籍後、彼は PSG への到着について打ち明ける

サッカー – メルカート – PSG

PSG: 移籍後、彼は PSG への到着について打ち明ける

2022 年 9 月 22 日 08:30 発行 編集部

移籍市場の最後の時期に PSG に到着したカルロス ソレルは、まだプレー時間を見つけるのに苦労しています. 元バレンシアのミッドフィールダーは、7 歳でトレーニング クラブに入った後、クラブを去りました. ここで彼は現在パリにいて、スペイン人はパリへの適応を打ち明け、PSGでの将来の目標を想起させました.

採用後 レナート・サンチェスノルディ・ムキエレファビアン・ルイスヒューゴ・エキティケ また ヴィティーニャ、PSGはの到着でその移籍ウィンドウを完了しました カルロス・ソレル. のインタビュー中に デポルテス クアトロ、前の真ん中 ヴァランス 彼の転送を元に戻しました。

「変化は容易ではなかった」

数週間前に到着しました PSGカルロス・ソレール 現在、キャリア初の異動を経験中。 スペインのミッドフィールダーがアカデミーに入った FCバレンシア 彼は、この環境の変化が彼にとって困難であったことを認めています。 「私は生涯ずっとバレンシアにいます。 私は 7 歳でアカデミーに入学し、18 年間在籍しています。 両親と一緒にいる私の家を除けば、シウダー・デポルティーバ・デル・バレンシアCFは私の家であり、変化は容易ではありませんでした。 »

「私は野心的なプレーヤーです」

カルロス・ソレール 彼は新しい生活に適応しなければならないことを理解しています。 現在、PSG にいる彼は、野心に欠けているわけではありません。 「今、私は新しいものに適応しています。 パリは巨大でとても美しい街であり、素晴らしいクラブです。 少しずつ順応していきます。 (…) 私は野心的な選手で、このクラブに行ったのはプレーしたいからです。 たくさんの競争があります。私は到着したばかりで、少しずつ行かなければならないことを理解しています。 »

「私の目標は、できるだけ多くの時間を記録することです」

カルロス・ソレール との目的を明らかにして、このインタビューを締めくくりたいと考えていました。 PSG. の古い中間 ヴァランス より多くのプレー時間を獲得し、ピッチで自分の価値を示すことができるようになることを望んでいます. 「私の目標は、できるだけ多くの出場時間を獲得することであり、プレーする機会があれば、代表チームでプレーできることを示すことです。 それから、PSGでの議事録がクラブで役に立ち、ここに来ることができること」

関連記事

  • 移籍 – PSG: 移籍市場最後の大打撃についての真実
  • 移籍 – OM: ロンゴリアは移籍市場でマスターストロークを達成しました


#PSG #移籍後彼は #PSG #への到着について打ち明ける

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *