ラバト: ヒューマン ライツ シネマ 木曜日に第 12 シーズンに戻る | ヘプレスフランス語

Les Jeudis Cinéma Droits Humains (JCDH) は、9 月 28 日にラバトのルネッサンス映画館に再投資し、第 12 シーズンの映画上映を行い、映画とモロッコ映画の記憶に関する討論を行います。人権 (ARMCDH)。

協会からのプレスリリースでは、「Thursdays Cinema Rights Humans は、映画上映の第 12 シーズンのためにルネッサンス映画に再投資します。映画を通じて人権の文化を促進することに専念する映画討論です」と述べています。

「この第 12 シーズンは、例外的に、2022 年 9 月 28 日水曜日の午後 6 時 30 分に、ラバトのシネマ ラ ルネッサンスで開かれます」と同じ情報源を指定し、この新しいシーズンではフィクション機能の上映に関する議論が行われると述べています。映画「Les 3M, an unfinished story」を監督兼作家のサード シュライビ氏の前で上映し、続いて彼の最新の著書「Fragments of Cinematographic Memory」のプレゼンテーションとサインが行われます。

この映画は、2022 年 9 月 28 日水曜日から 10 月 2 日日曜日まで、登録時に ARMCDH のデジタル シネマ プラットフォームでもオンラインで公開されます。

この第 12 シーズンは、欧州連合の共同出資による新しいプロジェクト「人権擁護: モロッコにおける公共政策の改革と公共映画政策の改革のための映画」の一部です。

このプロジェクトは、次の 4 つの主要分野を中心に展開しています。人権問題の提唱における市民社会への支援、収容されている少年の再統合に対する補償、映画に関連する法律と公共政策の改革への貢献、および人権に関する政策の改革の提唱。シネマ、同じソースを説明します。

ARMCDH はまた、このプロジェクトが、モロッコにおける人権と法の支配のための文化的および政治的戦いの支援および対象として映画を含めること、アドボカシーにおける社会市民社会の役割を強化および強化すること、および活性化することを目指していることにも言及しています。人権の促進と擁護における複数の利害関係者のパートナーシップ。

欧州連合の共同出資による木曜日の映画と人権の番組は、モロッコ映画センター (CCM)、シネマ ラ ルネッサンス、ヒバ財団、RFC デジタル、MT prod、雑誌「Sortir mag」の支援を受けています。

#ラバト #ヒューマン #ライツ #シネマ #木曜日に第 #シーズンに戻る #ヘプレスフランス語

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *