エアリース:モロッコでの離陸を模索する事業

一般にはあまり知られていないが、「商用貨物」とも呼ばれるエアリースは、航空会社の保有機材が増加し続けていることを考えると、世界中で発展を続けており、航空輸送の需要が非常に高まっています。 世界の艦隊は 30,000 機以上の航空機を保有しており、その半数近くがリースされています。

このビジネスのコンセプトはシンプルで、航空機を購入するよりも一定期間レンタルする方が収益性が高く、大幅な減価償却費と減価償却費を負担しなければならない航空会社に航空機をレンタルすることで構成されています。 ここでエアリース事業者の出番です。 彼らの役割は、郵便物や乗客の輸送を目的とした航空機を提供することで、世界中の航空会社のニーズを満たすことです。 このセクターは、開発の見通しが有望であるため、ますますダイナミックになっています。 今後 10 年間で、世界の民間航空機は増加すると予想され、リース事業者は新たな機会を求めて手をこする必要があります。

モロッコのラベルを宣伝する

モロッコでは、古くから存在するこの「新しいビジネス」が初期段階にあります。 このセクターにはモロッコのオペレーターが1社しかありません。 これは、アリ・ベン・ラマダニが率いる「ABL Aviation」であり、世界のトップ 45 の 1 つであり、カサブランカにあるサポート オフィスを介して王国に設立され、香港、東京などに他のオフィスがあることを知っています。 ..

「私たちは非常に知的で優秀なエンジニアとマネージャーを擁するモロッコのオフィスを持っています。私たちはそれを誇りに思っています」 9 月 18 日から 20 日、マラケシュ。 これは、モロッコで開催されるこの種のイベントとしては初めてです。

この号は、長年にわたるロビー活動のおかげで、マラケシュで開催されたことを思い出してください。 オーカーシティで会うようオペレーターを説得するのに、ほぼ4年かかりました。 今年のフォーラムには、民間航空業界の世界最大のプレーヤーが集まりました。 約1500名の参加者が参加しました。 目的は、セクターの進化を評価し、開発の見通しに光を当てることです。 また、さまざまな国籍のオペレーターが集まることができるようにすることも重要です。

会議や経験の共有に加えて、これは投資、セキュリティ、貿易の最適化、持続可能性などのデリケートな問題に取り組む機会です。 「このイベントは、国際航空会社と国内航空会社のショーケースであり、ヨーロッパ、中東、アフリカでの商用航空を促進するための強力なプラットフォームでもあります」と、イベントの主催者は説明しています。

まだやるべきことはあります!

これらの目的を超えて、イベントのスポンサーである ABL にとっての主要な課題は、モロッコのブランドを、さまざまな世界的プレーヤーとの有望な市場として宣伝することです。 しかし、この分野の振興にはまだ長い道のりがあることは明らかです。 王国の可能性を解き放つには、いくつかの困難が続いています。

まず、モロッコ国内の潜在的な顧客は多くないため、レンタカー会社にとって航空輸送市場はそれほど重要ではありません。 「ABL」とRoyale Air Marocのコラボレーションはありません。 (3 つの質問を参照してください) 第二に、より重要なことに、王国に定住するという事実でさえ、「ABL」のような運営者にとって難しい決断です。この国への愛に恵まれたモロッコ人によって監督されたとしても、これだけでは十分ではありません。現在アイルランドのダブリンにある本社を移転します。 アイルランドの非常にインセンティブ税制を考えると、当然の選択です。 したがって、課税は事業者にとって不可欠な基準です。

ベン・ラマダニの目には、もしモロッコがより有望な政権を提供したなら、それは朗報だろう。 「モロッコとアイルランドの間に二重課税のない制度があり、モロッコが課税レベルを引き下げれば、魅力的な面で大きな可能性を秘めていることは間違いない」と彼は嘆願した. 最終的に、モロッコはこのセクターで独自の地位を築き、地域レベルでのみリーダーになる立場にあります。 「はい、可能性はあります」とABLのボスは「ロピニオン」からの質問に答えて意見を述べ、モロッコはアフリカの「サクセスストーリー」からインスピレーションを引き出すだけでよいことを示唆しています.

ベン・ラマダニ氏は、エチオピア航空を含むエチオピアの例を挙げ、一貫した質の高い機材で「アフリカのリーダー」になることに成功しました。 加えて、大規模な機材と大きなフローを持つ大規模な航空会社が存在すればするほど、必然的にレンタル部門が発展します。

さらに、モロッコのイメージを促進すると言う人は、アフリカの野心を持つ企業を引き付ける能力を強化すると言います。 つまり、王国を大陸市場での展開プラットフォームにしたい人です。 ただし、リースのコストが依然として非常に高く、競争力に影響を与えるため、市場は依然として硬直的です。

#エアリースモロッコでの離陸を模索する事業

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *