DTFEの虫眼鏡の下の経済状況

DTFEの虫眼鏡の下の経済状況

光熱費、農業、観光、産業…

財務・対外金融局 (DTFE) は、国内経済の主要指標を詳述した経済報告書を発表しました。 診断。

電力:現地生産で3.2%改善

2022 年 7 月末の地域の発電量は、前年の 6.9% から 3.2% 増加しました。 経済省は 9 月の経済ノートで、この展開は、一方では法律 13-09 の枠組みに含まれる再生可能エネルギーの生産の 7.9% の増加と、国家電力・飲料水局 (ONEE) の生産量が減少し、一方で、譲許的生産量が 3.7% 減少しました。 エネルギー交換収支は、輸入が 117.3% 増加し、輸出が -23.9% 減少したため、前年同期の 153Gwh のマイナス収支に対して 406Gwh に達した。 また、2022 年 7 月末の正味エネルギーが、昨年同日の 6% に対して 5.6% 増加したことも示しています。 また、電力消費量は前年の 6.2% から 4.8% 増加しました。 「この増加は、中電圧の電力消費 (+6.9%)、制御室の消費 (+4.2%)、超高圧の電力消費と高電圧 (+4.4%)、住宅の消費 (+4%) の改善によるものです。 」、同じソースを示します。

農業:輸出ヒット商品…

全国的な状況は、降雨量の不足に直面した農業部門によっても特徴付けられました。 その結果、2021/2022 農業キャンペーンの穀物生産量は 34 Mqx で、これには軟質小麦 18.9 Mqx、デュラム小麦 8.1 Mqx、大麦 7 Mqx が含まれ、103 Mqx の生産記録を見た前回のキャンペーンと比較して -67% 減少します。 . 「3.6 Mha の播種面積を考慮に入れると、平均穀物収量は、前回のキャンペーン中に記録された 23.7 Qx/ha に対して 9.4 Qx/ha になります」と、同じ情報源は報告しています。 同時に、非穀物部門では、柑橘類の生産量が柑橘類で+14%、オリーブで+21%増加しました。 さらに、2021年9月1日から2022年8月31日までの2021/22年の輸出キャンペーン中、柑橘類の量は、前のキャンペーンの同時期と比較して+40%の成長を記録し、766,500トンに達しました。 市場のガーデニング製品に関しては、輸出は +13% の成長を記録し、160 万トンに達しました。 この開発では、トマトの出荷量は前のキャンペーンの 521,800 トンに対して 670,000 トンに達し、+19% の成長を示しました。 同様に、赤い果実の輸出は +18% の増加を記録し、125,4000 トンに達しました。 2022年の最初の8か月間で、オリーブオイルの輸出は13,200トンに達し、前年同期に観察された2021年の2倍の量であることが同じ情報源を強調しています. 漁業に関しては、2022 年の最初の 7 か月間に、沿岸および零細漁業の水揚げ量が +19.8% の増加を記録したことを思い出す必要があります。遠洋魚 (+25.9%) と甲殻類と甲殻類 (+17.1%) の減少、一方、海藻 (-52.8%) と頭足類 (-6.7%) の減少。 同様に、主に甲殻類と甲殻類(+32.9%)、遠洋魚(+25.2%)、白身魚(+7.1%)の価値の上昇により、漁獲高の評価は+7%改善されました。 DTFE。

自動車産業のカーバイド

製造業の生産指数は、緑の成長を示しています (2021 年の同日の +1.9% に対して、2022 年第 2 四半期は +1.8%)。 DTEF によると、この改善は主に「記録の印刷と複製」(+25%)、「電気機器の製造」(+22.2%)、「冶金」(+18.5%)、「自動車産業」(+16.8%)、「繊維製造」(+9.7%)、「食品産業」(+8.3%)。 さらに、カウンターパフォーマンスは、「その他の非金属鉱物製品の製造」(-7.2%)、「化学産業」(-7.1%)、「コンピューター、電子および光学製品の製造」のレベルにあります。 (-6.8%) および「機械および装置の製造」 (-5.1%)。 2022 年の最初の 7 か月間の平均で、工業生産能力稼働率 (TUC) は -0.6 ポイント低下し、71.7% になりました。 「この進化では、農業食品産業のTUCは-4.3ポイント低下し、化学およびパラケミカル産業のTUCは-0.6ポイント低下しました。 一方、「機械・冶金産業」(+3.1 ポイント)、「電気・電子産業」(+6.9 ポイント)、「繊維・皮革産業」(+ 6.9 点)」、当該注記に下線を引く。

観光と航空セクターは回復傾向にある

2022 年 2 月に国境が再開されて以来、観光と空の旅は好調な回復を見せています。観光セクターにとって、この発展は航空輸送能力の強化、モロッコ領土への入国のための PCR 検査の廃止、マルハバ 2022 の運用と、目的地「モロッコ」の魅力を高めるために政府が実施したさまざまな措置。 「国境検問所への到着は、6 月と 7 月に 320 万人の観光客でピークに達し、2019 年の同時期に到着の 100% を回復することを可能にした例外的なパフォーマンスでした」と、同じ情報筋は述べています。 MRE からの到着数が 143% 増加し、外国人観光客が 339% 増加したことを受けて、この数は 199% 増加して 540 万人になりました。
一方、2019年の同時期と比較すると、外国人観光客が-44%、MREが-8.8%減少したことから、到着数は-27.9%の減少にとどまっています。 分類された施設での宿泊数については、2022 年 6 月末に +129% 増加し、620 万件に達しましたが、2019 年の同時期と比較すると、依然として -45.7% 減少しています。は、2022 年 7 月末に 89,648 便の航空便で 980 万人の乗客を迎えました。つまり、乗客の回収率は 70%、空港移動の回収率は 75% です。 7 月だけでも 240 万人の乗客がおり、2019 年の同月と同じレベルです。


#DTFEの虫眼鏡の下の経済状況

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *