在宅勤務は銀行本店の平方メートルを溶かしている

公開日: 変更:

パリ (AFP) – 銀行は、水曜日にパリで 2 つの新しいオフィス タワーを開設する BPCE グループの例に従い、イル ド フランスの不動産を削減して、より頻繁にテレワークを行う従業員による施設の占有率の低下に対応しています。 、および節約を行っています。

パリ南東部 (13 区) のイヴリー シュル セーヌに近いデュオ タワーの引き渡しにより、特にポピュレール銀行とケス デパーニュ銀行を統合する相互主義グループは、従業員数を減らすことができます。 28 から 10 まで。イル ド フランスの建物。

2023 年初頭までに、これらの真新しい 90,000 平方メートルには 9,000 人の従業員を収容できるようになると、夏の前にグループの経営委員会の議長であるローラン・ミニョンが報道陣を訪問した際に説明しました。

しかし同時にではありません。建築家のジャン・ヌーヴェルが設計したタワーには 6,000 台のワークステーションしかないため、トレーディング ルームと障害を持つ従業員用のワークステーションを除いて、すべて「フレックス オフィス」にあります。

より協力的であることを目指すこの組織形態では、従業員は留保された場所を持ちません。 ロッカーにより、彼は自分の持ち物と専用スペース (会議室、「バブル」…) を保管して、自分自身を隔離することができます。

月に 10 日という在宅勤務​​のペースと、休日や病気休暇などの定期的な欠勤の理由により、相互銀行は従業員 1 人あたりの場所のこの比率を適用することができます。

このように BPCE によって生み出された運用コストの節約は、約 30% から 40% です。

郊外はイエス、ラ・デファンスはノー

Perial Assetの不動産部門を担当する副ゼネラルマネージャーであるAFP Loïc Hervé氏は、「イル・ド・フランスでは地方よりもテレワークの利用が多く、特に大規模なグループやサービス業で顕著です」と説明している。不動産ファンドの運用を専門とする会社です。

コンサルティング会社デロイトの戦略と変革の責任者であるマリン・ガリアナ氏は、銀行はこれらのボックスを完全にチェックしているため、「すべてがこの問題について考えている」と述べています。

「優れた管理のために、これらの銀行や保険会社は 50% 以上の空席を維持することはありません」と、特に本社とコール センターの不動産を担当する同僚のブルーノ アムセルレムは付け加えます。

パリの中心部に複数の歴史的な場所を持つ最初のフランスの銀行 BNP パリバは、徐々に車両を縮小し、従業員をセーヌ サン ドニのパンタンなどの 1 平方メートルあたりの費用が安い地域に移しています。

保険の面では、CNP は正式にモンパルナス駅の上にある歴史的な施設を離れ、オー ド セーヌのイシ レ ムリノーに建設中の新しい本社を構えました。

衰退しつつあるラ・デファンスのビジネス街に急いで定住しようとする人は誰もいません。今では、所有者に年間 1 ~ 4 か月の無料家賃を請求するのが適切です。

地区の主要な雇用主である Société Générale でさえ、2016 年から IT および技術機能のほとんどをインストールするために Val-de-Marne と Fontenay-sous-Bois を選択しました。

世代の問題

しかし、フランスの銀行は、一流の建物をパリの中心部に置いています。

アムセレム氏は、ハイエンドの顧客のニーズに対応するために、「これらの大手銀行がショーケースを維持することが依然として必要であることは否定できません」と強調しています。

アメリカの投資銀行であるゴールドマン サックスがパリでより大きな物件を探すとき、探しているのは通常この種の物件です。 彼女はついに、凱旋門から目と鼻の先の 5 月にスーツケースを下ろしました。

この分野の新興企業は、この分野から離れつつあります。 このように、ビジネスに専念する金融サービス会社 Qonto は、フランスのユニコーン (企業価値が 10 億ドル以上の新しいテクノロジー企業) の 1 つであり、モンマルトルのふもとに設立することを選択しました。

彼女はシェアオフィスのアメリカの巨人であるウィーワークに、「常に変化する働き方に対応するように設計された、より柔軟で、従業員間の交流を促進するスペースを備えた」場所を用意するよう求めた、と彼女は説明する.

#在宅勤務は銀行本店の平方メートルを溶かしている

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *