Climate Week: GSEP の Abderrahim El Hafidi 会長がニューヨークで「電化に関する戦略的公開対話」を開始

2022 年 9 月 21 日にニューヨークで開催された、ONEE の事務局長であり、持続可能な電力のためのグローバル パートナーシップ (GSEP) の理事会会長であるアブデルラヒム エル ハフィディ氏は、電化に関する戦略的オープン ダイアログ (SODE) の開始式典の議長を務め、関連する契約の署名。

モロッコ王国が 2020 年から理事長を務めている GSEP が 2022 年 9 月 19 日から 24 日にニューヨークで開催される気候週間に合わせて組織したこのイニシアチブは、 GSEP は、電力セクターのバリュー チェーンのすべての利害関係者 (電力セクターの先見の明のある企業、エンド ユーザー セクター (輸送、産業、建物)、および戦略的/技術的パートナー) を集めて、対処すべき課題について議論することを目的としています。産業、第三次セクター、住宅セクターの電化を促進するための行動計画を策定する。

実際、このイニシアチブは、低炭素電化を推進し、持続可能なエネルギー移行を推進するための GSEP の行動の一部です。

この対話の参加者は、電化がもたらす経済的、環境的、社会的課題と利益に焦点を当てた議論を行いました。 後者は、脱炭素化へのエネルギー移行の主要な触媒の 1 つとして特定されています。

スピーチの中で、ONEE の CEO は、モロッコにおける電力モデルの進化と、モロッコ王国のエネルギー主権に貢献することを可能にした再生可能エネルギーの大規模な統合によって達成された進歩を強調しました。有益な電化を促進するとともに、特に産業、第三次産業、住宅部門で低炭素電力の効率的な利用を促進する。

彼は、気候変動、経済発展、社会進歩の目標の達成を加速し、具体化することに貢献するという、世界レベルでエネルギー転換の中心にある電力会社のリーダーである GSEP のメンバーのコミットメントを想起しました。

El Hafidi 氏が昨年 6 月に GSEP の議長に再選されたことを思い出してください。番目 連続期。 マラケシュで 30 周年を迎えたばかりの GSEP番目 は、世界最大の電力会社の CEO が率いるユニークなアライアンスであり、その主な使命は、世界の電力業界の変革と、クリーンなエネルギーの統合によるエネルギー移行です。

Climate Week は、2009 年から毎年ニューヨークで開催されているイベントです。このサミットは、国連総会と並行して開催され、ビジネス、政府、市民社会の国際的なリーダーを集めて、グローバルな気候変動対策を発表します。 これは、世界中で行われている最大の気候イベントの 1 つです。

#Climate #Week #GSEP #の #Abderrahim #Hafidi #会長がニューヨークで電化に関する戦略的公開対話を開始

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *