第22回全国映画祭:映画支援基金が限界に達しました

Covid-19 による 2 年間の欠席の後、9 月 24 日まで開催されていた第 22 回ナショナル フィルム フェスティバル (FNF) の開会式では、映画に多大な貢献をした故ヌルディン セイルへの特別な賛辞が贈られました。モロッコ映画、アフリカ映画、国際映画の発展。

主催者は、プロデューサーのスアド・ラムリキと監督のモハメド・アブデラマン・タジにも敬意を表し、アブデル・アジム・エル・シェナウィ、アジズ・サダラ、トゥリア・ジェブレイン、アジズ・エル・ファディリ、ハマディ・アモール、アーメドなど、2020年から2022年の間に亡くなったアーティストや監督の数々を追悼しました。とりわけ、バドゥジ。

エディションのオープニングは、モハメド・アブデラフマン・タジ監督による 2 本の映画、すなわち「Le voleur d’images」(1995 年) と「Le grand voyage」(1981 年) の上映によっても中断されました。彼は小説家でもあり、映画評論家に隠されたプロデューサーでもあります。

この第 22 版のナショナル フィルム フェスティバルのプログラムには、「フィルム マーケット」に関する円卓会議も含まれており、デジタル化時代の映画の配布と利用に関する話題や、専門的な会議が行われます。 2020年と2021年の映画制作のプレゼンテーション、およびその他の並行活動に加えて、国内映画の現実とその発展の見通しについて話し合う。

これに関連して、問題となっている国営映画制作支援の将来は、この第 22 版の国立映画製作委員会の傍観者として開催された会議で、「国営映画制作支援基金の将来」というテーマの下で議論の対象となりました。映画祭。

映画作品制作委員会のリタ・エル・ハヤト委員長が司会を務めたこの会議は、映画への援助に関する穏やかな議論と、各セッションの最後に行われるこの支援の結果に関する交換という目的を設定しました。 、しばしば批判的な言説の主題。 「Feu Noureddine Saïl は、モロッコ映画の制作数を大幅に増やすという目標を設定しました」と CCM は指摘します。私たちは、1950 年代に米国に次ぐ世界第 2 位の映画製作国だったエジプトのような国を追い抜くことができました。」

限界に達したと思われるこの補助金システムは、映画の入場料に応じて一定の割合で質の高いボーナスを設定するなど、「別のシステムを発明しなければならない」と断言し、それ自体を再発明する必要がある. 、 例えば。 Rita El Khayat はまた、プライベート ファンド モデルへの移行を提案し、フランスでは、国立映画およびアニメーション イメージ センター (CNC) が現在、作品の購入のための価格システムを確立しており、「モロッコで採用できる成功したモデル」であると指摘しました。 今号のプログラムでは、映画の流通と利用に関する問題を議論する「フィルム マーケット」にも焦点を当てる予定です。

#第22回全国映画祭映画支援基金が限界に達しました

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *