トーマス・ペスケを含む7人のヨーロッパ人宇宙飛行士が月に向けて準備中

公開日: 変更:

パリ (AFP) – 欧州宇宙機関 (ESA) は水曜日、パリで 7 人の宇宙飛行士からなるチームを発表しました。トマ ペスケを含む宇宙飛行士は、アメリカのアルテミス計画の一環として月を探索するための訓練を受ける準備ができており、そのうち 1 人だけが月面に足を踏み入れることができました。

候補者 – フランス人のトーマス・ペスケ、ドイツ人のアレクサンダー・ゲルストとマティアス・マウラー、イタリア人のルカ・パルミターノとサマンサ・クリストフォレッティ、デーン・アンドレアス・モーゲンセンと英国人のティム・ピーク – は、上空400kmの国際宇宙ステーション(ISS)に乗って軌道上で少なくとも1つのミッションを実行しました地球。

パリで開催された国際宇宙会議 (IAC) での記者会見で、ESA の責任者である Philippe Willekens 氏は、「軌道上で 4.5 年に相当し、98 時間の船外活動に相当する」と説明しました。

その中から、10 年の終わりまでに、月周回軌道の将来のステーションであるルナ ゲートウェイに 3 つだけが選ばれ、月面を歩くのは 1 つだけです。 しかし、ESA はまだ選択していません。

「私たちは皆候補者であり、チームとしてそこに行くことが重要です。見てください、私たちは皆同じTシャツを着ています」とトーマス・ペスケはコメントし、同僚のアレクサンダー・ゲルスト、マティアス・マウラー、ルカ・パルミターノと一緒にネイビーブルーのポロを着ました。 ESA と Artemis のロゴが並ぶシャツ。 ISS に搭乗するミッション中のサマンサ・クリストフォレッティと、ISS に向けて離陸する準備ができているアンドレアス・モーゲンセンは、遠くから話しました。

ESA (22 の加盟国) は、月のアルテミスに戻るためのアメリカのプログラムに参加しています。特に、ESM サービス モジュールは、宇宙飛行士を乗せずに、間もなく離陸する予定の最初のミッションのオリオン カプセルの下に配置されています。

#写真1

今度は有人である次のアルテミス飛行のために、ヨーロッパの機関はすでに3人の宇宙飛行士を月のゲートウェイに送ることを交渉しています。 その後、実験が成功すれば、月面を踏むことができる「幸運な人が現れるだろう」と、ESA の有人およびロボット探査担当ディレクターである AFP の David Parker 氏に説明した。

月面のヨーロッパ人は、「ヨーロッパに刺激を与えるものであり、私たちはここにいる、私たちは宇宙の世界で私たちの立場を維持し、協力的な方法で +」と言う強い兆候になるだろう. アリアングループが11月末のESA閣僚会議で発表する欧州の有人車両スージーのコンセプトについて、彼は「熱狂的」だと語った。

ドイツのマティアス・マウラー氏は、「月面にヨーロッパ人がいることで、統一されたヨーロッパが今よりも現実のものになることを願っています。

宇宙飛行士の訓練は、特にドイツのケルンにある欧州宇宙飛行士センターで発展しており、セレーネの表面とその「非常に攻撃的な」塵のシミュレーターが構築されていると彼は説明した.

#トーマスペスケを含む7人のヨーロッパ人宇宙飛行士が月に向けて準備中

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *