Quinté+: 2022 年 9 月 22 日木曜日のトラック テスト: Ranchval Fairy in her garden

最高のパフォーマンス

ON 2700 メートル – 2022 年 5 月 1 日以降

追跡データ

12

牧場の妖精

1’10”3

06/03/22 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

12

牧場の妖精

1’10”0

22/05/27 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

16

社長

1’10”4

07/05/22 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

9

ナヴァリーの神

1’10”0

22/08/24 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

9

ナヴァリーの神

1’10”7

07/05/22 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

7

スピーディーフェイス

1’10”2

22/08/24 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

7

スピーディーフェイス

1’11”5

22/08/24 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

14

囲碁

1’10”8

22/08/24 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

14

囲碁

1’11”6

22/08/24 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

11

ファイン パール オブ ラブ

1’10”8

22/06/24 – 2700M

パリ-ヴァンセンヌ

最後の 1000 メートルの分析

6月3日に行われたプリ喫茶で最後の1000メートルを1’10’3で記録し、 牧場の妖精 (12) 私たちのテーブルで1位にランクされています。 その日、エマニュエル ヴァリンの弟子は、全体で 1’14”2 のキロ削減で勝利を収めました。

2 番目に見つけたのは エル・プレジデンテ (16)の住人 ジャン=マリー・ルボー 5 月 7 日のクラシック コースで、最後の 1000 メートルを 1’10″4 でカバーし、ライバルに非常に接近しています。 ディエゴ・デ・カオ.

3 番目の位置では、 ディヴィーヌ・ド・ナヴァリー (9)、同じレースで 1’10’7 のキロの減少で エル・プレジデンテ (16).

はるかに遅れて、私たちは2つの外国の競争相手の存在に注目します。 スピーディフェイス (7)インゴ (14)、時間は 1’11″5 および 1’11″6 です。

最後の 500 メートルの分析

常に一位、 牧場の妖精 (12)、1’10″00の優れたキロ削減で、しかし今回は、彼女が手ごわいに次ぐ3位になったPrix Sirrahで フィフティファイブ・ボンド それ以来、長い道のりを歩んできました。

ディヴィーヌ・ド・ナヴァリー (9) 8月24日の公演で2度目のランクイン。 その日、学生は パトリック・ハチン フィールドの後半に自分自身を見つけた後、6位で非常にうまく終了しました。

すぐ後ろに、 スピーディフェイス (7) 8 月 24 日に開催されたボーヌ賞で、1’10″2 を記録して表彰台を獲得しました。

結論として、4 番目と 5 番目に、 インゴ (14)ファイン パール オブ ラブ (11) 誰が終わる 元エクオ タイムは 1’10″8.

結論

何人かの候補者が勝利を考えることができ、レースの行方が違いを生むでしょう。 それにもかかわらず、私たちは次のことに注意してください 牧場の妖精 (12) 4 回の挑戦で 1 回の勝利と 2 回の表彰台を獲得した、このクラシック コースをとても気に入っています。

#Quinté #年 #月 #日木曜日のトラック #テスト #Ranchval #Fairy #garden

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *