2022 年 8 月末、モロッコの空港は 2019 年のトラフィックの 74% を回復しました – Media24

2022 年 1 月から 8 月末まで、モロッコの空港は 2019 年の同時期と比較して改善された回復率を示し続けており、すべての空港で 12,294,484 人の乗客と 108,640 の空港移動を受け入れています。 したがって、国立空港事務所 (ONDA) のデータによると、回収率は乗客で 74%、空港での移動で 78% になります。

8 月だけでも、王国の空港は 2,473,495 人の乗客と 18,918 の空港移動の商用トラフィック量を記録し、2019 年 8 月と比較してそれぞれ 94% と 91% の回復率を表しています。

王国で最初の空港プラットフォームであるカサブランカ ムハンマド 5 世空港は、8 月に 7,522 便で 957,146 人の乗客を迎えました。 このトラフィックは、2019 年 8 月に記録された航空旅客トラフィックの 82% とフライトの 79% に相当します。

2022 年初頭からの累積航空交通量に関して、カサブランカ ムハンマド 5 世空港は 42,288 便で 4,659,571 人の乗客を迎えました。つまり、2019 年の同時期と比較してそれぞれ約 67% と 69% の回復率です。

ヨーロッパの回収率は105%

2022 年 8 月には、ほとんどの空港で 2019 年の同時期に記録された航空旅客数に到達するか、それを超えることさえありました。この上昇傾向は、夏季の開始時から観察されました。 6 月 5 日から 8 月末までの期間に、いくつかの空港が 2019 年の活動レベルを上回り、100% を超える回復率を記録しました (アガディール: 111%; タンジェ: 127%; フェズ: 115%; ナドール: 142%; ウジダ) : 129%; テトゥアン: 359%; エッサウィラ: 139%)。

北部 (タンジェとテトゥアン) と東洋 (ウジュダとナドル) 地域の空港の最初の 8 か月間の回復も強化されており、2019 年の同時期と比較して 100% 以上の回復率を記録しました (テトゥアン: 364 %; ウジダ: 115%; ナドール: 108%; タンジール: 100%)。

国内航空輸送に関しては、2022 年 8 月に 224,973 人の乗客を迎え、2019 年の同期と比較して約 76% の回復率を記録しました。この率は 1 月から 8 月末までの期間で 67% です。 、1,334,903 人の乗客を迎えました。

さらに、8 月の国際航空交通量は 2,248,522 人の乗客を記録しました。つまり、2019 年の同時期と比較して約 97% の回復率です。 2019 年の同時期と比較して 74% の回復率を表しています。

国際航空交通量の 83% 以上を占めるヨーロッパは、2019 年 8 月と比較して 8 月に約 105% の回復率を記録しました。

空港の動きと貨物

2019 年の同じ期間に記録された 20,678 回の移動と比較して、8 月のこの月には 18,918 回の空港移動があり、91% の回復率を表しています。 このトラフィックは、2022 年の最初の 8 か月間で 108,640 の空港移動に達し、2019 年の同時期に記録された空港移動の 78% に相当します。

同じ月に、航空貨物は2019年の同時期と比較して80%の回復率を記録しました。それは5,105トンでした。 1月から8月末までの累計貨物量は46,760トンに達し、回収率は74%に達しました。

#年 #月末モロッコの空港は #年のトラフィックの #を回復しました #Media24

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *