ACAPS: 統制された IA の 37% は、AML/CFT 手順を公式化した内部文書を持っていません

モロッコでは、マネーロンダリングとテロリストの資金調達活動は、この惨劇を是正するために当局が講じた多くの措置を特定の保険会社や保険仲介業者が適用しない限り、継続する可能性があると、保険社会福祉監督局 (ACAPS) の報告書が示しています。 .

今年9月のレポートでは、「 マネーロンダリングとテロ資金供与対策のメカニズム AML / CFT »、保険および社会保障監督局 (ACAPS) は、2021 年第 1 四半期から 2022 年第 1 四半期に EAR (保険および再保険会社) および IA (保険仲介業者) のレベルで実施された管理報告書を提出しました。

詳細には、上記の同じ期間に EAR レベルで 5 つのコントロール ミッションがその場で実行され、IA レベルでは 16 が行われ、23 の質問票が IA で 26 に対して ERA に送信されました。 さらに、5 つの IA に対して、2 つの EAR のレベルで 2 つのモニタリングインタビューが実施されました。

EAR の管理から明らかになった主なポイントの中で、ACAPS はそのレポートで、管理された 5 つの EAR のうち 2 つの EAR がまだフィルタリング ツールを持っていないことを明らかにしています。さまざまな AML/CFT コンプライアンス ミッションを達成するための組織。

さらに、監査を受けた 5 つの EAR では、リスク分類自動化ツールが導入されていないか、導入の過程にあると報告書は指摘し、2 つの EAR ではリスク分類手順が導入されていなかったと指摘しています。上記の銀行との実際のデータ交換はありません。

この発見の後、ACAPS によると、管理下にある企業に対して措置が取られました。 これは、2 つの EAR に関する制裁のプロジェクトであり、他の 3 つの EAR に関するミッション後のフォローアップです。

この使命に従い、これらの結果を是正するために、ACAPS は、AML/CFT コンプライアンスに専念する人的資源をより多く付与する一方で、内部監査構造を第 3 のラインとして関与させることで構成される EAR への勧告を行いました。手順。

ACAPS はまた、これらの EAR がリスク分類自動化ツールをセットアップして、EAR の顧客ポートフォリオをリアルタイムで分類し、既存の顧客に関連するデータを更新し、ID を収集し、自分自身を知る必要性について運用担当者の間で認識を高めることを可能にすることを推奨しました。顧客情報を収集し、最終的に、制裁措置と PPE リストに関連するプロジェクトのフィルタリングの自動化をスピードアップします。

EAR と IA は常に「 ドラッグ “

ペインで ” デバイスの存在と構成 » レポートの調査によると、チェックした IA の 37% が AML/CFT (マネーロンダリングとの闘い/テロ資金調達) 手順を公式化する内部文書を持っていないことが明らかになりました。警戒義務に関連する当局の回覧番号 AS/02/19 の。

しかしそれだけではありません! 管理されている IA の 80% は AML/CFT リスク分類モデルを持っていませんが、管理されている IA の 12% はリスク分類モデルを持っていますが、ビジネス関係には適用されていません。

オペレーションの監視に関して、ACAPS は、オペレーションを監視するためのシステムは、AML/CFT 手順の存在とオペレーショナル リスク分類に依存していると指摘しました。 しかし、管理下にある仲介業者の大半は、これら 2 つの基準を満たしていない、と彼女は強調しました。

疑わしい報告システムに関しては、ACAPSA はそのレポートで、チェックされた IA の 87% がプラットフォームにアクセスできないことを明らかにしています。 UTRFNET 制御された AI のいずれも DS を実行しませんでした。

この意味で、ACAPS は統制された仲介者に対して行動を起こしました。 これらは 6 つの IA に対する制裁であり、ミッション後の追跡措置は 10 の IA に対して行われました。

IA および EAR のレベルでこの管理ミッションを実行した後、ACAPS は、会社内の AML / CFT システムを管理する手順を形式化し、それらをすべてのスタッフに配布し、それらの適用を保証し、定義を定義することからなるいくつかの推奨事項を作成しました。警戒と内部監視の観点から、従業員の役割と責任。

代理人の場合、ACAPS は AML/CFT 手続きの実施について EAR の義務付けに取り組むことを推奨し、小規模企業の場合、当局は AML/CFT システムとその監視のガバナンスと実施を組み合わせる可能性を検討することを推奨しました。

さらに、ACAPS は、疑惑の報告に関連して ANRF 特派員を任命し、ANRFNET プラットフォーム (以前の UTRFNET) に加入することを提案し、AML/CFT の疑惑を提示する顧客の注意を引いたり、疑わしい取引の報告を通知したりしないことを提案しました。

最終的に Autorité は、リスクベースのアプローチを使用して、顧客に関する識別情報と知識情報の信頼性が高く網羅的な収集を確保し、従業員の警戒と内部監視義務の意識を高めるためのトレーニングと意識向上セッションを組織することを推奨しました。

#ACAPS #統制された #の #はAMLCFT #手順を公式化した内部文書を持っていません

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *